インフォメーション

グローバルTOPページ > 会社案内TOP > インフォメーション > 日刊自動車新聞に第36期経営計画発表会が掲載されました。

インフォメーション

2015.11.13

日刊自動車新聞に第36期経営計画発表会が掲載されました。

日刊自動車新聞 2015年(平成27年)11月13日(金曜日) [第6面  東北版]

シマ商会が「5カ年計画」、売上高倍増200億円へ

【南相馬】

シマ商会(島一樹社長)はこのほど、2016年から21年までの「5カ年計画」を策定した。売上高は15年10月期実績の約2倍に当たる200億円を目指す。設備、人員ともに拡充し、中古部品及び商用車の販売力を高める。同時に海外販路の拡大にも傾注する。

 販売部門ではトラックの中古部品販売に重点を置く。国内及び海外で安定した需要が見込める。管理顧客を増やし中古車両の販売、買い取りなど周辺ビジネスにもつなげる。その足掛かりとして現在、同社に隣接する土地に10億円を投じ部品倉庫を建設中。来年2月の稼働予定で、新たに3万点の在庫が可能になる。

 海外向け販路拡大では外国語に秀でた日本人とともに外国人も採用する。今年度はバングラデシュ人1人を採用しており、国内で実務を積んだ後、母国で販売事業を手がけてもらう想定だ。
 5カ年計画を控えた今年度の(15年11月~16年10月)の経営計画は、売上高が前年度比13%増の110億円、粗利益は同35%増の26億9800万円を目指す。重点項目として利益率の改善を掲げた。
 中期計画を説明する中、島社長は「我々が生み出す商用大型車の中古部品は海外のバイヤーから高い評価を得ている。また、この事業は発展途上国においてはインフラ発展につながるもの」と社会的意義についても触れた。
 島一会長は「海外市場の可能性はまだまだ無限大。国内、海外の両面に販売網を巡らせているのは我々の強み」と訓示、鼓舞した。
日刊自動車新聞_20151113.jpg

このページのトップへ
トラック・バス・建機の買取り 愛車・廃車・事故車の買取り ゆめ工場

【株式会社シマ商会】 〒975-0042 福島県南相馬市原町区雫字権現下73-2 [ アクセス ]
TEL.0244-22-1554 E-mail.no1@shima-corp.co.jp

Copyright(C) Shima Company Ltd. All rights reserved.