国内販売事業部

グローバルTOPページ > 国内販売事業部 > 取り扱い商品 > パーツ種別 > エンジン

エンジン

エンジン ターボチャージャー 噴射ポンプ
車の心臓と言っても過言ではない!!
エンジンが動かなくなると車の全ての機能がストップする為にメンテナンスにも気を使いましょう。
定期的なオイル交換・点検を行うようにすればエンジンは驚くほど長持ちします。
別名タービン。
エンジンから出た排気ガスをタービン翼に当てて高速回転させ、その力で吸入空気を圧縮してエンジン出力を増加させます。
高温、高速回転という過酷な環境で使用される為、気密性・耐久性の高い素材で作られています。
ディーゼルエンジン向けの、燃料を霧状に噴射させるポンプ゚で、ガソリンエンジンと比べてより高い圧力を発生します。
ディーゼルエンジンの心臓です。
シリンダーヘッド デストリビューター フライホイール
簡単に言うと、シリンダーの蓋。
一般的に動弁機構などが組み込まれており、エンジンの性能にも大きな影響を持つ、エンジンの中でも重要な部品とされています。
エンジン点火に必要な高圧電流を、それぞれのシリンダーの点火時期に合わせて提供する装置で、一種の回路切替スイッチです。 エンジン(クランクシャフト)の先に付いている部品です。
回転出力の一時保存器(バッファ)として働き、原理上どうしても発生してしまうエンジンのギクシャク感(トルク変動)を和らげたり、発進時にエンストしにくくしたりします。
ラジエーター インタークーラー フューエルポンプ
エンジンを冷やした後の冷却水を、冷やす部品です。
走行中に扇ぐ風を利用して冷やします。
ラジエーターが無いまま走ったら、エンジンはいつまでも暑いままですよね??
空気を冷やす為の部品です。 エンジンは基本的に冷えた空気(密度が濃い)を吸入した方が出力が上がります。
特にコンプレッサーやターボチャージャーで圧縮されて熱くなった空気を冷やす為に、それらと組み合わせて使われます。
燃料タンク内に取り付けられていて、燃料をタンクからエンジンに送るポンプの事。
実はこのポンプ、タンク内の燃料にすっぽり浸かっていて、回転軸は燃料によって潤滑されてるんですよ。
エキゾースト センターマフラー 触媒 Rマフラー
別名、センターパイプ。
車種によって異なりますが、エキゾーストマニホールドとリアマフラーを繋ぐ、マフラーの中間部分です。
排気ガスの熱や融雪剤の影響などで痛みやすいパーツでもあります。
排気ガスの有害物質を低減させる装置。
複雑な熱化学反応によって排気ガス中の有害物質を除去・低減します。
スポーツカーなどでは排気抵抗の少ないメタルハニカム触媒などが使用されている事が多いです。
排気ガスの消音機構の事で、エンジンの燃焼・排気音を規定値以下に抑えます。
穴が開いたり内部腐食でガスの抜けが悪くなったりすると、エンジン出力が低下したり他の部品にまで影響を及ぼす事もあります。
このページのトップへ
トラック・バス・建機の買取り 愛車・廃車・事故車の買取り ゆめ工場

【株式会社シマ商会】 〒975-0042 福島県南相馬市原町区雫字権現下73-2 [ アクセス ]
TEL.0244-22-1554 E-mail.no8@shima-corp.co.jp

Copyright(C) Shima Company Ltd. All rights reserved.