代表メッセージ

HOME > 代表メッセージ

世界フィールドで共感できる企業を目指す

限りある地下資源から作られた様々の製品は、私たちに多くの恩恵をもたらしました。しかし、大量生産・大量消費の時代は終焉を迎え、多くの環境問題を抱えながら、新しい時代へと進んでいます。
私たちの孫の時代には、もしかすると地下資源は大部分が枯渇しているかもしれません。そして、これまで以上に、今あるモノから地上の再資源として、何かを作り出さなければならないでしょう。それは、本格的な「循環型社会」の到来を意味します。
来るべき未来に向け、シマの考えるキーワードは『つなぐ』。子供や孫たちに、新しい資源としてできるだけ多くのものを『つなぐ』義務があると思っています。
また、クルマを売ってくださるお客さまと、買ってくださるお客さまをつなぎ、国と国をつなぎ、心と心をつなぎ、それが、世界的な社会貢献につながることだと信じています。
私たちは現在、乗用車やトラック、建機など動産の再生を中心に事業を進めていますが、これから求められるのは、さらなる「価値創造」です。そのためにリサイクルパーツや資源生産が一貫体制でできる「ゆめ工場」の建設や様々な分野での環境整備を進めて、スタッフの「人間力」向上にも多くの時間と労力を費やしています。全社員が「~のために」という利他の精神と、共通の価値観や優先順位を持つ。それが高品質のリサイクル品を生み出し、あらゆるお客さまの潜在ニーズを引き出せるはずです。
「シマ商会」は社員同士はもとより、お客さまともしっかりと共感できる企業を目指しています。「お客様から買い取らせていただいた車輌をどうすれば社会的価値として再資源化できるか?」という命題に応えるため、自動車リサイクルに関するすべてをフィールドとして、循環型社会づくりに貢献して参ります。

代表取締役社長 島 一樹